各団体へのお願い

演奏楽譜についての著作権に関するご注意


(1) 販売されている楽譜を使用しての演奏は問題ありません。
但し,他から借りてコピーして演奏した場合は問題となります。
また,許可なく編曲して演奏することはできませんのでご注意ください。

(2) レンタル楽譜を使用する場合は,
演奏許諾書の写しを申込書と一緒に必ず提出してください。
もし,許諾書の写しが提出されていない場合は,申込みを受け付けられません。

(3) 他の人が作曲及び編曲した未出版の楽譜を使用する場合は,
作曲者または編曲者(両方の場合もあり得る)の許諾書の写しを申込書と一緒に提出してください。
もし,許諾書の写しが提出されていない場合は,申込みを受け付けられません。

(4) ご自身が編曲した未出版の楽譜を使用する場合は,
作曲者の許諾書の写しを申込書と一緒に提出してください。
もし,許諾書の写しが添付されていない場合は,申込みを受け付けられません。
但し,著作権が存在しない場合は必要ありません。


申込ファイルの入力不備に関するご注意


よくある入力不備の例

(1) 郵送された参加申込書と,申込ファイルの内容が一致しない。
このままの状態では保留状態となり,大会出場ができなくなることがあります。

(2) 楽譜出版社に『なし』と入力されている。
出版されてない楽譜を使用するときは『未出版』と入力してください。また,『自由曲の著作権について』の入力に気を付けて下さい。

(3) 演奏許諾先が〇〇中学校などになっている。
レンタル譜や未出版譜の場合,出版社や作曲家からの演奏許諾が必要となります。

(4) 作曲者に『なし』と入力されている。
民謡の場合は,「〇〇民謡」と入力してください。それ以外で,作曲者が分からない場合は「作曲者不詳」と入力してください。

(5) 出演者の入力順が適切でない。
出演者1〜8の並び順に注意してください。

(6) 楽器名が適切でない。
「令和3年度山梨県吹奏楽連盟主催事業への申し込みについて」冊子のp.21を必ず確認してください。

(7) 参加部門が選択されていない。
入力欄をクリックすると右端に現れる『▼』をクリックして部門を選択して下さい。

申込ファイルに入力不備がある団体には,担当者から再提出をお願いしたメールやFAXを送信しております。 訂正した申込ファイルの再提出(再転送)と印刷された参加申込書を第三事業部長に再送付するようお願いします。


◯ 申込システムについての問い合わせ

→申込についての問い合わせは第三事業部長まで
→申込Excelファイルや申込ファイルの送信(転送)についての問い合わせは事務局広報担当(mail: kouhou.yamanashisuiren@gmail.com)まで


上記のことは了承できないので,もとのページに戻る

上記を了承したので,大会参加申込のページに移動する